メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

/上 男子・佐野日大 危機感募らせ本番へ 好成績が生んだ「気の緩み」 /栃木

都大路に向けて練習に励む佐野日大の選手たち=佐野市石塚町の佐野日大高で

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、毎日新聞社など主催)は24日、京都市の西京極陸上競技場を発着点としたコースで争われる。県内からは、男子が佐野日大(5年連続18回目)、女子は白鴎大足利(4年連続4回目)が出場する。師走の都大路に臨む選手たちを紹介する。【李舜】

 佐野日大の中山隆監督は11月の県大会を圧勝した後、選手や保護者を前に、こう語った。「選手たちに本物…

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1396文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです