メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

男子・小豆島中央、県勢ベストタイム目指し 女子・四国学院大香川西、食らいつき力出し切る /香川

都大路に向けて調整する小豆島中央の選手たち=香川県小豆島町で、潟見雄大撮影

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)が24日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に開かれる。女子(5区間、計21・0975キロ)は午前10時20分、男子(7区間、計42・195キロ)は午後0時半にそれぞれスタートし、師走の都大路でたすきをつなぐ。県代表として、男子は小豆島中央が2年連続2回目、女子は四国学院大香川西が初めて出場する。両チームを紹介する。【潟見雄大】

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです