メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/18 世代交代 現場に危機感

トラブル時に線路上の安全を確保する研修を受ける若手社員。ベテラン社員(右)が作業を見守る=東京都品川区で10月、浅川大樹撮影

 「この5年間が技術継承の最後のチャンス」。JR東日本は今年の業務報告書で現場の世代交代への危機感をあらわにした。民営化前後の人員整理や採用抑制で、社員は55歳以上が約4分の1を占める一方、45~54歳は1割強しかいない。古参社員があと数年で定年退職し、すぐ下の世代が極端に少ない中、若手育成を急がないと、現場が回らなくなる恐れがある。

 「変な音がしないか、聞き耳を立てろ」。大宮総合車両センター(さいたま市)で10月に行われたSL「C…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです