メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

羽生善治「永世7冠」の金字塔 AI、若手の研究怠らず=山村英樹(東京学芸部)

「永世7冠」を達成し、感想戦で対局を振り返る羽生善治新竜王=鹿児島県指宿市で5日、津村豊和撮影

 「永世7冠」を何かに例えようとしても、思い浮かばない。羽生善治竜王(47)は1996年に史上初の7タイトル全冠制覇(現在は8タイトル)を達成したが、永世となると、あの偉業をはるかに上回る想像しがたい世界だからだ。次に誰がいつ達成できるのか、予想もつかない。国民栄誉賞に値するとなると、これまでの将棋界ではさらに想像できなかった出来事だ。

 日本将棋連盟常務理事の森下卓九段(51)は7日、今年を振り返ってこう答えた。「1年前は厳しかった。…

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2059文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです