メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 エルサレムは不思議な街である。特に、3宗教の聖地がある旧市街の石畳を歩いていると、タイムスリップしたような感覚に襲われる。

 イエスが十字架を背負って歩いたという「悲しみの道」をたどり、ユダヤ神殿の遺構という「嘆きの壁」に触れ、預言者ムハンマドゆかりの、金色に輝く「岩のドーム」を眺める。

 そんな静かな時間にひたるうちに、自分がイエスの弟子のような、またはユダヤの王や預言者のような気がしてきたりする--。広い意味でのエルサレム症候群である。

 私も少し覚えがあって、エルサレムの研究所にいたころ、悪魔がイエスを試したという、近郊の「誘惑の山」…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文970文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 東京メトロ 男性が切りつけられ負傷 南砂町駅
  4. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  5. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]