メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

のぞみ台車「破断寸前」の衝撃 JR全体で深刻さ認識を

 東海道・山陽新幹線「のぞみ」の台車枠の亀裂の深刻さは想像以上だった。JR西日本が公表した写真では、上部は3センチを残し大きく割れている。破断して脱線すれば大事故につながったのは間違いない。

     新幹線の台車の亀裂は過去に例がない。鋼鉄製の台車枠になぜ異常が生じたのか。素材、設計、製造段階のどこに問題があったのか。新幹線の台車全般に広く波及するのかも焦点だ。JR西日本や国の運輸安全委員会による原因の調査を急がなければならない。

     JR全体でどこまで事態の重大さをとらえているのか、疑問がある。

     「のぞみ」は博多を出発し東京に向かっていた。新大阪までがJR西日本、その先がJR東海の運行区間だ。小倉発車時に焦げたにおいがし、その後ももやや異音が続いた。

     おととい記者会見したJR東海の柘植(つげ)康英社長は、新大阪駅でJR西日本から「運行に問題はない」との引き継ぎを受けたと明かし、新大阪駅で床下を点検してほしかったとJR西日本の対応を批判した。

     一方、JR西日本の来島達夫社長は記者会見で、引き継ぎについて「調査中」と述べるにとどまった。

     両者が一体となって事態に対処する局面のはずだ。連携不足は安全に支障を来す。運行主体がどこだろうと利用者から見れば同じ新幹線だ。責任を押しつけるのではなく、JR全体で安全運行を図る姿勢を利用者に示すべきだ。

     なぜもっと早く列車を止められなかったのか。JR西日本の課題も浮かび上がった。岡山駅から乗った保守担当者が、停車して点検することを提案したが、東京の運転指令の判断で運転を継続していた。

     現場と運転指令で意見が異なった場合、間近で見る現場により多くの権限を与えることも検討課題だ。

     前日の目視点検では異常がなかったという。目視に限界があるのならば、超音波などで内部を確認する検査体制を充実させるべきだ。

     まもなく年末の帰省ラッシュの時期を迎える。日本の大動脈である新幹線の安全性がこれほど根底から問われたことはかつてない。

     国民の信頼を取り戻すためにも、JR各社は情報を積極的に発信していく姿勢が必要だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
    5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです