メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱交渉基本合意 課題先送り、道険し 北アイルランド「分断」懸念

英国では今もEU離脱に反対する人々が抗議活動をしている=ロンドンで11日、ロイター

 英国の欧州連合(EU)離脱交渉は今年6月の開始から半年を費やして、英国が支払う手切れ金▽双方に住む英国、EU出身者の権利保障▽北アイルランドの国境管理--の3項目で基本合意した。年明けからは、離脱後の具体的な通商関係などの議論に入る。しかし、「第1段階」の交渉で先送りした問題も多く、離脱期限の2019年3月までに最終合意に達するかは微妙な情勢だ。これまでの交渉経緯や合意の中身などを振り返る。【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】

 3項目の基本合意の中で、最も多くの課題を先送りしたのはイングランド、スコットランド、ウェールズと共…

この記事は有料記事です。

残り2866文字(全文3135文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです