メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

24日号砲 感謝忘れず精いっぱい輝いて 14年世界ハーフマラソン代表・竹中理沙(資生堂)

 全国高校駅伝では立命館宇治(京都)3年時にアンカーで優勝したのが印象に残っています。主将としてチームを引っ張ろうと思っていましたが、秋にけがをして苦しみました。でも、最後はチームに貢献できました。大会には3年連続で出場しましたが、今までで一番うれしいゴールでした。

 当時はチーム全員が「日本一の練習をしてきた」と思い、自信を持って試合に臨めました。同学年に沼田未知さん(現豊田自動織機)という強い選手がいて、心の支えになったし、彼女に負けないようにと頑張ることができた。チームメートにそういう存在がいるのはありがたいことです。荻野由信監督からは感謝の大切さを教えられ、人間力や社会人として通用する精神力も教わりました。

 駅伝の魅力は一つの目標に向かってチーム一丸となれるところです。終わったら、みんなで喜び合えるのもす…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. AV問題 男優が毎月お茶会で語る「業界のありのまま」
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです