メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/4止 姫野和樹=トヨタ自動車・NO8(23歳、愛知・春日丘高出身)

2011年度の1回戦、尾道戦で相手のタックルをかわして突進する姫野=川平愛撮影

楽しんでプレーを

 1年生の時にチームが花園初出場を果たして大舞台を経験しました。日本代表になるという目標があり、花園は「夢の第一歩」だと思っていました。1回戦は尾道(広島)と12-12で引き分け。抽選の結果、2回戦に進めませんでした。

 周囲の期待や責任感、いろいろなものを背負って立った舞台。いざ芝生を踏むと頭が真っ白になり、足が震えました。抽選で敗退となり、周りが号泣する中で「この悔しさを絶対に忘れずにやろう」と思いました。

 翌年も初戦の相手は尾道でした。対戦が決まった時は燃えましたね。19-19と、またも引き分けとなり、…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです