メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

仲間のような支援員を 特定NPO法人「ライトリング」代表理事・石井綾華さん

 ありのままを愛され、受け入れられたと実感できる経験がなく、「死にたいほどつらい」と悩む若者は増えている。ところが今の社会には、そう吐露すること自体を否定するような風潮がある。そのため悩みを吐き出すには勇気がいり、悩みが深い人ほど助けを信じられない。

 また心理相談に乗る専門家は通常、敬語を使い、一定の距離を置いた上でサポートする。共倒れを防ぎ、適切な支援を行うためなのだが、当事者にとっては寂しかったり過酷だったりする。

 それに対して死にたい気持ちを「一緒だよ」と受け止めてくれる白石隆浩容疑者のような相手は心地が良く、…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文786文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]