メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

森からの光=小野正嗣 /大分

 まだヨーロッパにいた頃の話だ。当時、首都から列車で一時間ほどの地方都市に暮らしていた。小さな通りに面した建物の3階の2部屋を借りていた。

 そこから大家夫妻の家の裏庭が見えた。大きな庭だった。リンゴやプラムなどの果樹が植えられ、クルミやサクランボの巨木もあった。庭の境界付近には、菩提樹やオリーブの木が生えていた。向こうには野原があり、さらにその先に森が見えた。

 森が闇に包まれていく……いや、逆だ、森が闇で世界を包んでいく様子を眺めるのが好きだった。

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2198文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]