メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
踏み跡にたたずんで

森からの光=小野正嗣 /大分

 まだヨーロッパにいた頃の話だ。当時、首都から列車で一時間ほどの地方都市に暮らしていた。小さな通りに面した建物の3階の2部屋を借りていた。

 そこから大家夫妻の家の裏庭が見えた。大きな庭だった。リンゴやプラムなどの果樹が植えられ、クルミやサクランボの巨木もあった。庭の境界付近には、菩提樹やオリーブの木が生えていた。向こうには野原があり、さらにその先に森が見えた。

 森が闇に包まれていく……いや、逆だ、森が闇で世界を包んでいく様子を眺めるのが好きだった。

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2198文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです