メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

来年度予算案 官邸主導、色濃く 強まる歳出拡大圧力

 政府が22日に閣議決定した2018年度予算案は、安倍晋三首相の「1強体制」が強まるなか、首相官邸の主導で歳出拡大が決まる場面が目立った。予算規模は第2次安倍政権発足以降、毎年度、過去最高を更新。景気回復を背景にした税収増で歳出を膨らませる財政運営は危うさが漂う。今後も教育無償化など歳出増のメニューが目白押しで、財政再建への取り組みは鈍いままだ。【工藤昭久、阿部亮介、大久保渉】

 「財政再建も着実に進み、予算としてメリハリがついた」。麻生太郎財務相は22日の閣議後記者会見で、1…

この記事は有料記事です。

残り2056文字(全文2296文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです