メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「エルサレム首都」認定 イスラエル、対イランでサウジと接近 中東和平進展の指摘も

「首都認定」に抗議し、トランプ米大統領の写真を燃やすパレスチナ人ら=パレスチナ自治区ガザ地区で21日、ロイター

 【ワシントン会川晴之】国連総会は21日の緊急特別会合で、エルサレムをイスラエルの首都とするトランプ米政権の認定を無効とし撤回を求める決議案を採択した。トランプ政権が目指すイスラエルとパレスチナの中東和平交渉再開に向けた取り組みに悪影響を与えるとの見方が一般的だが、イスラエルとアラブ社会の重鎮サウジアラビアの接近を背景に、「予想以上の速度で和平交渉が進む可能性がある」との見方を示す専門家もいる。

 トランプ政権は、中東での最優先課題に据えた過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いがほぼ決着したこ…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです