メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都大路に懸ける

24日号砲 全国高校駅伝/5止 佐久長聖(長野・男子) 失敗糧に、総合力アップ

「都大路制覇」を目標に練習をする佐久長聖の選手たち

 前回の敗北がチームの原点だ。佐久長聖は3区で中谷雄飛(3年)が倉敷(岡山)のケニア人留学生に競り勝ち、2秒差のトップでつないだが、4区の本間敬大(3年)が想定外のトップに極度の緊張に見舞われてしまって失速。チームの最終順位は倉敷に抜かれての2位で、8年ぶりの頂点を逃した。

 山梨学院大時代に箱根駅伝で活躍し、実業団では世界クロスカントリー選手権代表にもなった高見沢勝監督(36)は「(目標の3位以内に入り、当時の)3年生は充実感を見せたのに、1、2年生は悔しがっていた」と明かす。中でも落胆ぶりの激しかった本間には「うぬぼれるな。お前だけの責任じゃない。本当に責任を感じるなら、走りで取り返そう」と諭したという。

 本間は振り返る。「先生は僕を敗因とは言わなかった。頑張ろうという気持ちが芽生えた」。気持ちを奮い立…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです