メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

減反と闘ったコメ農家(その1) 大潟村の「異端児」

重機に乗り耕作放棄地を開墾する涌井徹さん=秋田県大潟村で2017年10月、喜屋武真之介撮影

 「こんなところ、家族にも見せられないよ」

 9月末、秋田県大潟村。大人の背丈を超す雑草が生い茂る原野を、ワイシャツ姿の男が汗だくになってトラクターで突き進む。雑草をなぎ倒すたび、ガクン、ガクンと重機が大きく揺れる。村で55ヘクタールの水田を所有する大規模コメ農家、涌井徹さん(69)だ。

 国がコメの生産を抑制する「減反政策」で50年近く放置された約20ヘクタールの土地を借り受けての開墾中。本来なら稲刈りで忙しい時期だが、涌井さんはここでコメを作るのではなく、一面をタマネギ畑に変える計画なのだ。

 大潟村は戦後、日本第2の面積を持つ湖沼だった八郎潟を干拓して生まれた。大規模農業を目指して全国から…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文680文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]