メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

少子化の果てに 夢見る末広がりの未来=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

=西本勝撮影

 クリスマスイブに幸せな時を過ごすカップルを祝福すべく、またその他大勢の将来をもことほぐべく、先行きが扇のように末広がりとなるような話題を取り上げたい。

 と言いながら今年は、刹那(せつな)刹那の出来事があっという間に忘れ去られていく1年だった。典型が総選挙で、大騒ぎの末、与野党の質問時間配分以外に何が変わったのかよくわからない。どさくさに紛れて塩崎恭久厚生労働相が交代したことで、政府の受動喫煙対策が骨抜きになろうとしているが、飲食中の他人に吸煙を強制するのは先進国では日本だけであり、これでオリンピックを開催するようでは国の恥だ。

 トランプ米政権も欧州も日中韓関係も先行き五里霧中だが、来年には団塊世代の中核である1948(昭和2…

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです