メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

停戦合意きょう発効 和平実現へ曲折も

 【ヨハネスブルク小泉大士】内戦状態の南スーダン政府と反政府勢力の停戦合意が24日に発効する。4年間に及ぶ内戦終結に向けた大きな一歩だが、和平の実現には今後も紆余(うよ)曲折が予想される。

 交渉は東アフリカの地域機構、政府間開発機構(IGAD)が仲介。エチオピアの首都アディスアベバで21日夜、双方が合意文書に署名した。全土で人道支援の実施を認めることも確認した。

 南スーダンでは2013年12月にキール大統領とマシャール副大統領(当時)の権力闘争から武力衝突に発…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  4. 「きょうは違う景色に見えた」菜七子騎手、初G1に
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです