メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

減反と闘ったコメ農家(その2止) 「ヤミ米」と罵倒され

雪が降りしきる農地でタマネギの生育状況を確かめる涌井徹さん=秋田県大潟村で2017年12月、松本紫帆撮影

 

 ◆農業に希望を求める涌井徹さん

農政に分断された村

 「おわびしなければなりません」

 2009年11月26日。秋田県大潟村を訪れた民主党政権の赤松広隆農相(当時)は、意見交換会に参加した村幹部や農家の人たちの前で謝罪した。村は「日本の食糧基地」として誕生したにもかかわらず、農政が入植者たちを翻弄(ほんろう)し、村を分断し続けたからだ。

 大潟村は八郎潟を干拓し、1964年10月に誕生した。コメを増産する「モデル農村」とうたわれ、入植者…

この記事は有料記事です。

残り4504文字(全文4723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです