メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

第4章・メンタルヘルス/5止 悩む妊産婦に寄り添う

健康科学大学産前産後ケアセンターの宿泊型ケアを利用し、部屋で子どもをあやす女性

 ●宿泊で疲れ癒やす

 山梨県笛吹市のJR中央線石和温泉駅から車で約5分。2016年1月にオープンした「健康科学大学産前産後ケアセンター」は、県の委託で産後の女性の心身の回復などを目的とした宿泊型ケアや、365日24時間対応の電話相談を行っている。宿泊利用料の一部は県と市町村が負担。こうした母子保健事業の実施は市町村が主体だが、山梨では県と全27市町村で取り組んでおり、全国でも例がない。

 記者が施設を見学した日、笛吹市の会社員、村松智哉さん(31)が、妻と生後4カ月の長男が宿泊する部屋…

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2118文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  3. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです