メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

全日本選手権 太田、雪辱V 男子60キロ級

男子グレコローマンスタイル60キロ級決勝で、文田健一郎(右)に勝利し喜ぶ太田忍=渡部直樹撮影

 全日本選手権最終日は23日、東京・駒沢体育館で男女10階級が行われ、男子はグレコローマン60キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍(ALSOK)が決勝で、今夏の世界選手権同級を制した文田健一郎(日体大)を破り、15年の59キロ級に続く優勝を果たした。フリースタイル57キロ級は世界選手権優勝の高橋侑希(ALSOK)が2連覇した。

 女子は50キロ級で入江ゆき(自衛隊)が準決勝で世界選手権48キロ級を制した須崎優衣(東京・安部学院…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1133文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです