メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/47 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 律子は娘の沙希との子供について拓矢に「父親が必要だ」と懇願するが、拓矢はあいまいな返事を返し、車で寝ると言って出ていく。春子は、落ち着きを取り戻した律子に、沙希から聞いたとして、別れた夫からの送金について尋ねる。

母と母

 話しているうちに、律子の声はだんだんと高ぶっていった。

「金ももらいたくなかった。でも、うちが働いたところで、たいして稼がれへんやないですか。昼間パート行って、夜は店に出て、睡眠時間削ったかてなんぼにもならへん。昼間、沙希の世話はうちのおばあちゃん、母がして助けてくれたけど、でもおばあちゃんの分も、うちは働かなあかん。最初の何年かは一人でがんばったけど、どうしようもなかった。だから、うちはあの人に頭下げたんです。さっさと若い女と再婚して、その人の実家の会社でええように役員かなんかに納まってて、うちらに暴力振るてたことなんかきれいさっぱり忘れた顔して、子供のために恵んでやるみたいな態度取られた。自分は心が広いんや、っていう顔してた。死ぬほど悔しかった」

 律子が湯飲みを持つ手が震えているのに、春子は気づいた。

この記事は有料記事です。

残り2653文字(全文3129文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  4. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  5. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです