メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/47 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 律子は娘の沙希との子供について拓矢に「父親が必要だ」と懇願するが、拓矢はあいまいな返事を返し、車で寝ると言って出ていく。春子は、落ち着きを取り戻した律子に、沙希から聞いたとして、別れた夫からの送金について尋ねる。

母と母

 話しているうちに、律子の声はだんだんと高ぶっていった。

「金ももらいたくなかった。でも、うちが働いたところで、たいして稼がれへんやないですか。昼間パート行って、夜は店に出て、睡眠時間削ったかてなんぼにもならへん。昼間、沙希の世話はうちのおばあちゃん、母がして助けてくれたけど、でもおばあちゃんの分も、うちは働かなあかん。最初の何年かは一人でがんばったけど、どうしようもなかった。だから、うちはあの人に頭下げたんです。さっさと若い女と再婚して、その人の実家の会社でええように役員かなんかに納まってて、うちらに暴力振るてたことなんかきれいさっぱり忘れた顔して、子供のために恵んでやるみたいな態度取られた。自分は心が広いんや、っていう顔してた。死ぬほど悔しかった」

 律子が湯飲みを持つ手が震えているのに、春子は気づいた。

この記事は有料記事です。

残り2653文字(全文3129文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熱射病 小1死亡 校外学習後「疲れた」 愛知
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  4. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 10日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]