メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

「バーフバリ 王の凱旋」 派手に過剰に壮大に、民族の叙事詩を再現

 年忘れには現実逃避がいちばん。いやなことばかりが多い毎日だけに、醜い現実なんて横に置いて、架空の世界に浸りたいところですね。そこでひとつ、インドから届いた、思いっきり荒唐無稽(むけい)エンターテインメントをご紹介しましょう。

 舞台はインド南部の大国、マヒシュマティです。主人公のバーフバリは、体は並外れて筋骨隆々ですが人柄は心やさしく穏やか、風に流される長髪と微笑(ほほえ)みの美しい青年です。王位を司(つかさど)るシヴァガミから次の国王に指名され、奴隷として王国に仕えるカッタッパに支えられて国内の視察を行っています。

 そこに出会ったのが、クンタラ王国のデーヴァセーナ。バーフバリは、一目でこの並外れて美しいプリンセス…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1649文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]