メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

「バーフバリ 王の凱旋」 派手に過剰に壮大に、民族の叙事詩を再現

 年忘れには現実逃避がいちばん。いやなことばかりが多い毎日だけに、醜い現実なんて横に置いて、架空の世界に浸りたいところですね。そこでひとつ、インドから届いた、思いっきり荒唐無稽(むけい)エンターテインメントをご紹介しましょう。

 舞台はインド南部の大国、マヒシュマティです。主人公のバーフバリは、体は並外れて筋骨隆々ですが人柄は心やさしく穏やか、風に流される長髪と微笑(ほほえ)みの美しい青年です。王位を司(つかさど)るシヴァガミから次の国王に指名され、奴隷として王国に仕えるカッタッパに支えられて国内の視察を行っています。

 そこに出会ったのが、クンタラ王国のデーヴァセーナ。バーフバリは、一目でこの並外れて美しいプリンセス…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです