メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

11月のニュースファイルミニ5(2018年1月号より)

養老川(手前)沿いにあるチバニアンの申請の根拠となった地層「千葉セクション」=千葉県市原市で2017年5月

■地球の歴史に「チバニアン」内定

     千葉県市原市の地層が、地球の歴史のうち77万年前?12万6000年前(中期更新世)を代表する地層に内定しました。国際地質科学連合の1次審査を通過したと、国立極地研究所などが11月13日に発表しました。残る2回の審査などを経て、2018年に正式に認められる予定です。正式に認められれば、その時代がラテン語で千葉時代を意味する「チバニアン」と命名されます。地球の歴史を分類する地質年代に「千葉」の名前が刻まれることになります。

    ■77万年前、磁場逆転示す証拠

     地層は「千葉セクション」と呼ばれ、千葉県市原市の養老川沿いにあります。地球の磁場を示すN極とS極は過去360万年の間に計11回、入れ替わったと考えられ、この地層にはその最後にあたる77万年前の逆転を示す証拠が残っています。国立極地研究所などが6月、千葉セクションの分析結果を基に、中期更新世を代表する地層として命名を申請していました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
    4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
    5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです