メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

11月のニュースファイルミニ8(2018年2月号より)

北海道松前町沖で見つかった北朝鮮船=11月29日

■新型ミサイル発射の北朝鮮

     北朝鮮は11月29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」を発射しました。ミサイルの最高到達高度は約4,500キロに達して約53分間飛び、青森県の西約250キロの日本海に落ちました。普通より高い高度に打ち上げられたとみられます。アメリカの専門家は、普通の軌道で発射された場合、飛ぶ距離は過去最長を超える1万3000キロと推定され、アメリカ本土やメキシコに届く能力があると分析しています。

    ■木造船の漂着や漂流も相次ぐ

     北朝鮮からとみられる漁船が日本海沿岸部に相次いで漂流・漂着しています。海上保安庁の統計では、11月に28件が確認されました。能登半島沖に広がる日本海有数の漁場「大和堆」では、北朝鮮や中国から来たとみられる漁船の違法操業が繰り返されています。食糧難から漁に出たものの、冬の荒波に耐えきれずに遭難が相次いでいるとみられています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    3. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
    5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]