メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えじぷと駱駝考

/下 疫病・紛争、受難続き アラブの春では「武力」に

祖父の代からラクダ肉を売るバラカトさんの店。経済難の中、近年は牛肉より安価なラクダ肉が人気という

 <えじぷと駱駝(らくだ)考>

 中東のラクダは近年、受難続きだ。理由の一つが中東呼吸器症候群(MERS)。ヒトコブラクダが保有するウイルスが感染源とみられ、感染すると発熱、呼吸困難に陥る。世界保健機関(WHO)によると、サウジアラビアを中心に2012年から拡大し、エジプトも含む中東などで今年11月までに2103人が感染し、733人が死亡した。ラクダと接触したり、未加熱肉を食べたりした人が発症するケースが多い。WHOは「動物との接触後はこまめに手を洗って」と呼びかける。

 カイロ市内で祖父の代からラクダ肉を売るバラカトさん(58)の店を訪ねてみると「MERSの影響なんて…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  2. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです