メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えじぷと駱駝考

/下 疫病・紛争、受難続き アラブの春では「武力」に

祖父の代からラクダ肉を売るバラカトさんの店。経済難の中、近年は牛肉より安価なラクダ肉が人気という

 <えじぷと駱駝(らくだ)考>

 中東のラクダは近年、受難続きだ。理由の一つが中東呼吸器症候群(MERS)。ヒトコブラクダが保有するウイルスが感染源とみられ、感染すると発熱、呼吸困難に陥る。世界保健機関(WHO)によると、サウジアラビアを中心に2012年から拡大し、エジプトも含む中東などで今年11月までに2103人が感染し、733人が死亡した。ラクダと接触したり、未加熱肉を食べたりした人が発症するケースが多い。WHOは「動物との接触後はこまめに手を洗って」と呼びかける。

 カイロ市内で祖父の代からラクダ肉を売るバラカトさん(58)の店を訪ねてみると「MERSの影響なんて…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文847文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]