メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

ノルディックスキー・ジャンプ女子 高梨「かみついていく」 伊藤「課題見つめ直す」 「2強」に挑む

帰国直後の囲み取材で現状を語る高梨沙羅=羽田空港で2017年12月19日、江連能弘撮影

 今冬のノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)序盤戦で、マーレン・ルンビ(ノルウェー)とカタリナ・アルトハウス(ドイツ)の2人が圧倒的な力を見せた。この「2強」について、高梨沙羅(クラレ)と伊藤有希(土屋ホーム)が強さを分析するとともに、巻き返しへの思いを口にした。【江連能弘】

 高梨は2人の共通点について、踏み切る際の力強さに加え、空中に飛び出してから飛行姿勢に移行するまで「スピードが段違いに速く、高さもある」と見る。伊藤も「もともとすごく力のある2人が、もっと高いレベルで安定している。まったくレベルが違う」と舌を巻く。

 ルンビは伊藤と同じ23歳、アルトハウスは高梨と同じ21歳。伊藤を除く3人は女子のW杯が始まった20…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです