メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

竹原市長選 元市総務部長・今栄さん初当選 観光振興策を強調 /広島

広島・竹原市長選で初当選を果たし、花束を手に笑顔を見せる今栄敏彦氏(中央)=広島県竹原市竹原町で、山田尚弘撮影

 任期満了に伴う竹原市長選は24日、投開票され、新人で元市総務部長の今栄敏彦氏(57)が、現職の吉田基氏(68)、新人で司法書士の井上盛文氏(48)を破り、初当選を果たした。当日有権者数は2万2808人、投票率は59・84%(前回63・43%)だった。

 人口減少が続く同市の街づくりのほか、ウサギが多く生息し、観光客に人気の大久野島や「安芸の小京都」と呼ばれる町並み保存地区などの観光資源を生かした振興策のあり方が争点となった。

 今栄氏は「まちづくりの遅れを取り戻す」と主張し、老朽化した図書館や市民ホールの早期建て替え、交流人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです