メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆72年後のおかえり 広島・供養塔の1柱 再調査「この世界」後押し

 広島原爆の犠牲者で、平和記念公園(広島市中区)の原爆供養塔に安置され、名前が分かりながら遺族が判明していない遺骨815柱のうち1柱が、72年ぶりに家族の下に戻った。遺族が特定されたのは7年ぶり。きっかけは、昨年公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」だった。【山田尚弘】

 戻ったのは、爆心地近くの旧中島本町の自宅で写真館を営んでいた高橋脩(おさむ)さん(当時43歳)の遺骨。

 1945年8月6日、市外の海軍兵学校で原爆の閃光(せんこう)を見た当時16歳の長男久さん(88)=…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1036文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです