メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆72年後のおかえり 広島・供養塔の1柱 再調査「この世界」後押し

 広島原爆の犠牲者で、平和記念公園(広島市中区)の原爆供養塔に安置され、名前が分かりながら遺族が判明していない遺骨815柱のうち1柱が、72年ぶりに家族の下に戻った。遺族が特定されたのは7年ぶり。きっかけは、昨年公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」だった。【山田尚弘】

 戻ったのは、爆心地近くの旧中島本町の自宅で写真館を営んでいた高橋脩(おさむ)さん(当時43歳)の遺骨。

 1945年8月6日、市外の海軍兵学校で原爆の閃光(せんこう)を見た当時16歳の長男久さん(88)=…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1036文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]