メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルー

フジモリ元大統領に恩赦、釈放へ 人権侵害で収監

ペルーのフジモリ元大統領=ロイター

 【サンパウロ山本太一】在任中の人権侵害事件で禁錮25年の刑で服役中の南米ペルーのアルベルト・フジモリ元大統領(79)について、クチンスキ・ペルー大統領は24日、健康上の理由から恩赦を認めると発表した。拘束をとかれるのは2005年11月以来12年ぶり。フジモリ氏は国民の間で今も根強い人気がある一方、在任中の強権的な手法に批判も多く、恩赦に対し賛否の議論が高まりそうだ。

     クチンスキ氏は「進行性で不治の病と診断を受けた」ことを恩赦決定の理由に挙げた。近く釈放される見通し。

     フジモリ氏は23日、心拍異常と血圧低下のため、収監先のリマの国家警察施設から病院に移送されたばかり。近年、がんの手術を受けるなど健康状態が悪化し入退院を繰り返していた。

     クチンスキ氏が、21日に議会で否決された自身の罷免決議案を巡り、フジモリ氏の長女ケイコ氏が党首を務める野党「人民勢力党」の一部と恩赦について取引した疑惑が報じられている。

     フジモリ氏は1990~00年、日系人として初めて大統領を務めたが、05年11月、亡命先の日本から渡航したチリで身柄を拘束され、人権侵害事件などを巡り10年に禁錮25年が確定して服役。国民の間では反感も根強く、歴代大統領は恩赦を認めなかったが、クチンスキ氏は今年6月以降、恩赦を示唆する発言を繰り返してきた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
    4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
    5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです