メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポルトガル

温暖化 南欧で災害 「パリ」離脱に厳しい目

10月の山火事で焼き尽くされた国立森林公園。土壌は今も灰がつもる=ポルトガル中部レイリアで2017年11月、八田浩輔撮影

 今年、山火事が相次いだ南欧ポルトガル。6月には中部レイリア県で60人以上が犠牲になった。「記憶にない大災害」を受けコスタ首相が非常事態宣言を出したほどだ。「惨事の背景には地球温暖化がある」と考える被災地住民らはいま、温室効果ガスの削減強化を複数の欧州主要国に求める初の訴訟を準備している。

 「温暖化に影響されるのは私たちの世代。自分の未来のため行動すべきだ」。そう語るのは首都リスボンに住むソフィアさん(12)。原告団に参加を検討する10人以上の子どもらの一人だ。国際NPO(非営利組織)「GLAN」(本部・英国)の支援を受け、欧州人権裁判所(仏ストラスブール)に提訴する。

 地球温暖化防止の新たな国際枠組み「パリ協定」は昨年11月に発効した。だが先進国最大の温室効果ガス排…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです