メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

バレエダンサーの草分け 薄井憲二さん93歳

薄井憲二さん

 日本のバレエダンサーの草分けとして活躍し、日露のバレエ交流にも貢献した前日本バレエ協会会長の薄井憲二(うすい・けんじ)さんが24日、悪性リンパ腫のため、京都市の病院で亡くなった。93歳。葬儀は25日に近親者のみで営む。喪主は長男秀幸(ひでゆき)さん。

 東京生まれ。故東勇作氏のバレエ団に入った後、東京帝大在学中に応召し、終戦後4年間のシベリア抑留を経て帰国。再び東勇作バレエ団で活躍した。後に自らのバレエ団も結成し、後進育成にも尽力した。

 モスクワ国際バレエコンクールなど国際コンクールの審査員も歴任し、振付家、舞踊評論家などとしても活躍。2016年にはロシアのバレエ専門誌が主催する「踊りの魂賞」にロシア出身者以外では初めて選ばれた。

 バレエに関する約6500点超の資料のコレクションでも知られ、所蔵する兵庫県立芸術文化センター(西宮市)が企画展などで公開している。

 教授を務めていた京都バレエ専門学校が1月に学校葬を営む予定。【高村洋一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 風知草 身もフタもない=山田孝男
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]