メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

陸上 ひらまつ病院、初のニューイヤー駅伝 医の心たすきに込め 「故障を防ぐリハビリ」浸透

九州実業団毎日駅伝で8位でフィニッシュし、ニューイヤー初出場を決めたひらまつ病院のアンカー・梶原有高=森園道子撮影

 来年元日に群馬県で開かれる「ニューイヤー駅伝 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(毎日新聞社など共催)に、ひらまつ病院(佐賀県小城市)が初出場する。多くの選手が病院や介護施設でフルタイム勤務する中、医療機関チームの特徴を生かした取り組みで悲願を達成した。【角田直哉】

 ひらまつ病院は小城市にあり、「スポーツを通じて地域貢献を」という考えのもと、野球などの部活動も盛んだ。陸上部は2010年に創部。14年にニューイヤー駅伝の予選となる九州実業団毎日駅伝に初出場すると、4度目の挑戦で元日の切符をつかみとった。

 就任6年目の中島泰伸監督(43)は「たくさんの人にサポートしてもらった。うれしいというより、ホッと…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文846文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]