メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば コスタンティーノ・ドラッツィオさん 天才画家の素顔、軽妙に

 ■カラヴァッジョの秘密 コスタンティーノ・ドラッツィオさん 上野真弓訳、河出書房新社・2592円

 光と闇を操る無頼の天才画家、カラヴァッジョ(1571~1610年)。いかに波乱の人生を送り、未曽有の傑作を生み出したのか。ローマ現代アート美術館のキュレーターである著者の道案内で読者はバロックの世界にいざなわれる。

 「ローマの美術史家である私にとって、ローマに生き、そこここに作品が残るカラヴァッジョは兄弟のような…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです