メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「カタツムリの知恵と脱成長 貧しさと豊かさについての変奏曲」ほか

 ■カタツムリの知恵と脱成長 貧しさと豊かさについての変奏曲(中野佳裕著・コモンズ・1512円)

 世界一大きなうち=殻を得た「ちびカタツムリ」が崩壊してしまう物語を入り口に、消費社会のグローバル化に伴う現代世界の危機に迫った。「貧しさ」の意味を問い直したイランの思想家ラーネマらの研究を読み解く。社会哲学者である著者の経験も踏まえた、脱成長論への親しみやすい道案内だ。

 ■東京おいしい老舗散歩(安原眞琴著、鈴木透画・東海教育研究所・1944円)

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです