メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

助産院の窓

/4 ベビーマッサージ 視界に入って「バー」 定年後のベテランも力に /島根

山本喜久子さん(奥中央)の指導で子どもたちにオイルマッサージをする母親たち=島根県吉賀町六日市の町子育て支援サロンで、横井信洋撮影

 「赤ちゃん指 ころころ ピ」

 吉賀町六日市の町子育て支援サロンで11月15日午後、童歌風の音楽に合わせて、母親10人が子どもの足指をさすり、「ピ」に合わせて指先を引っ張った。益田市隅村町の助産師、山本喜久子さん(54)はサロンで2カ月に1回、町の事業でベビーマッサージ教室を開いている。

 足指から腹、背中、手、顔と子どもの全身をオイルマッサージ。母子が向き合う体勢になると、「顔を近づけて赤ちゃんの視界に入るようにして『バー』」と山本さんが声を掛けた。

 マッサージの後は育児に関する質問タイム。肌荒れについて聞いた母親に山本さんは「急に寒くなった。でも…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1204文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです