メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

トランプ政権1年/性暴力の顕在化/日本政治の大枠

日本から韓国に向かうため大統領専用機に乗り込むトランプ米大統領=東京都の米軍横田基地で11月7日、後藤由耶撮影

 ドナルド・トランプ米大統領が1月20日で就任から1年を迎える。エルサレムをイスラエルの首都と認めたり、北朝鮮への強硬姿勢を打ち出したりするなど、超大国のリーダーの影響力の大きさを示し続けている。トランプ氏の存在の世界史的位置を、水野和夫・法政大教授が論じた。ジャーナリストの森健さんは、世界的に急拡大する性暴力、セクシュアルハラスメント糾弾の動きを考えた。遠藤乾・北海道大教授は現代日本における民主政治の大枠を提示した。

この記事は有料記事です。

残り4316文字(全文4527文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです