メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルー

決定に歓迎と反発 フジモリ元大統領に恩赦

 【サンパウロ山本太一】在任中の市民虐殺事件により禁錮25年の刑で服役中の南米ペルーのアルベルト・フジモリ元大統領(79)について、クチンスキ・ペルー大統領は24日、健康上の理由から恩赦を認めると発表した。

 拘束を解かれるのは、2005年11月以来12年ぶり。フジモリ氏の家族や支持者からは歓迎の声が上がる一方、反フジモリ派は決定に反発を強めている。

 クチンスキ氏は声明で「進行性で不治の病と診断を受けた」ことを恩赦決定の理由に挙げた。近く釈放される…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです