メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

世界基準の映像へ DAZN、Jリーグ中継元年

パフォーム・インベストメント・ジャパンのアカウントディレクター、ディーン・サドラー氏=東京都港区で2017年12月18日、大谷津統一撮影

 川崎のJ1初優勝で幕を閉じた2017年のJリーグは、パフォーム社(英国)の動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」によるJ1~J3全試合のインターネット中継が始まった節目のシーズンでもあった。パフォーム社は17~26年の10年間にわたるJリーグの放送権を2100億円で獲得。Jリーグは放送権収入を原資に、優勝チームに翌年から3年間で15億5000万円を支給する理念強化配分金を新設した。「DAZN元年」は、どのような変化をもたらしたのか。【大谷津統一、大島祥平】

 12月、DAZNに加入しているサッカーファンの声を試合会場で聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1966文字(全文2234文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです