メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1-4。男子日本代表、38年ぶりの惨敗である。16日にあった東アジアE-1選手権の韓国戦。4失点は1979年6月、同じスコアの第8回日韓定期戦以来となる。韓国の前への圧力に、日本は何もできなかった。

 ハリルホジッチ監督が普段から話している通りのサッカーだった。日本ではない、韓国の方だ。球際には激しく強く、ボールを奪ったら相手ゴールに向けて縦へ速く攻める。その勢いに日本は慌て、ミスが出た。日本の良さであるパスを主体にボールを動かすことに狂いが生じ、最後まで調整できなかった。

 典型的だったのは2失点目。攻め込まれた日本がようやくマイボールにした。車屋(川崎)が自陣で持ち上が…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪
  4. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  5. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです