メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1-4。男子日本代表、38年ぶりの惨敗である。16日にあった東アジアE-1選手権の韓国戦。4失点は1979年6月、同じスコアの第8回日韓定期戦以来となる。韓国の前への圧力に、日本は何もできなかった。

 ハリルホジッチ監督が普段から話している通りのサッカーだった。日本ではない、韓国の方だ。球際には激しく強く、ボールを奪ったら相手ゴールに向けて縦へ速く攻める。その勢いに日本は慌て、ミスが出た。日本の良さであるパスを主体にボールを動かすことに狂いが生じ、最後まで調整できなかった。

 典型的だったのは2失点目。攻め込まれた日本がようやくマイボールにした。車屋(川崎)が自陣で持ち上が…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文794文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]