メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/55 記事の文言に「内乱の兆し」=広岩近広

 外征型の常備軍をつくった山県有朋は政党を嫌い、自由民権運動を弾圧した。山県に後押しされた寺内正毅も軍人で、陸相を経て首相になった。今井清一著「日本の歴史23」(中公文庫)はこう記している。

 <新聞界ではビリケンのあだ名で通っていた。寺内の顔つきが、そのころ輸入された幸福の神であるビリケンに似ていたのと、その音が「非立憲」(ビリケン)に通ずるのとで、だれいうとなく流行したのである>

 寺内は<朝鮮総督になると新聞を圧迫し、その反感をかっていた>といい、同書によると、大阪朝日新聞(鳥…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1199文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです