メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/55 記事の文言に「内乱の兆し」=広岩近広

 外征型の常備軍をつくった山県有朋は政党を嫌い、自由民権運動を弾圧した。山県に後押しされた寺内正毅も軍人で、陸相を経て首相になった。今井清一著「日本の歴史23」(中公文庫)はこう記している。

 <新聞界ではビリケンのあだ名で通っていた。寺内の顔つきが、そのころ輸入された幸福の神であるビリケンに似ていたのと、その音が「非立憲」(ビリケン)に通ずるのとで、だれいうとなく流行したのである>

 寺内は<朝鮮総督になると新聞を圧迫し、その反感をかっていた>といい、同書によると、大阪朝日新聞(鳥…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1199文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. ORICON NEWS 石塚運昇さん訃報「ポケモン」関係者から悲しみの声 業界の垣根を越えて
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです