メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

多様化するインターンシップ 興味あれば積極参加を

え・葛西りいち

実施企業、年々増加

 今年、就活で大きく変わったのが企業が学生向けに実施しているインターンシップ(就業体験)です。

 経団連は毎年打ち出している「採用選考の指針」の内容を変えました。具体的には、2019年春卒(現在の大学3年)から、説明会などの広報を開始できる解禁日(18年3月1日)以前のインターンシップの期間についての最低日数制限を削除したのです。

 18年春卒(現在の大学4年)以前は、指針の中で最低でも5日以上開催するよう規定されていました。日数…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  5. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです