メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高田守先生の生き物語り

(番外編)「恒温動物と変温動物」のウソ

特定の外気温の範囲で体温が保たれるオカメインコ=高田守さん提供

 冬の初めは、まだ体が寒さに慣れていないため、実際の気温以上に寒く感じることがある。あまりの寒さに身震いし、ガタガタと歯の根が合わなくなったことはないだろうか。これはシバリングと言って、筋肉を動かすことで体温の低下を防ごうとする体の反応だ。ここで、学校の理科で習った恒温動物と変温動物の話を思い出す人がいるかもしれない。哺乳類や鳥類には体温を調節する能力があり、体温が一定に保たれているため恒温動物と呼ばれ、それ以外の生物は、外気温に体温が左右されるので、変温動物と呼ばれるという話である。しかし、このようにいくつかの分類群の生物をひとくくりにした定義付けは、実は科学的には間違っており、近年は科学者の間でほとんど使われない。

 確かに、我々人間はかなり厳密に体温を保っているが、服を身につけない状態で体温を保ち続けられるのは、…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです