メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ローマ法王が恒例のクリスマスメッセージ、中東問題で対話促す

Pope Francis waves as he leads the "Urbi et Orbi" (to the city and the world) message from the balcony overlooking St. Peter's Square at the Vatican December 25, 2017. Osservatore Romano/Handout via Reuters ATTENTION EDITORS - THIS IMAGE WAS PROVIDED BY A THIRD PARTY. - RC1E51891660

 [バチカン市 25日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは25日、カトリックの総本山バチカンにあるサンピエトロ大聖堂のバルコニーから、恒例のクリスマスメッセージを読み上げた。サンピエトロ広場には数万人の信者が集まった。

     法王は、エルサレムの首都認定問題で緊張の高まるイスラエルとパレスチナに、平和共存の道を探るよう対話を呼びかけた。

     また、「今日、戦争の嵐が私たちの世界に吹き荒れている」と述べ、戦争や難民化によって傷ついている子供たちの窮状に目を向けるよう促した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
    2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
    3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
    4. 学校事故 砲丸頭にあたり生徒けが 千葉の高校
    5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです