メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ローマ法王が恒例のクリスマスメッセージ、中東問題で対話促す

Pope Francis waves as he leads the "Urbi et Orbi" (to the city and the world) message from the balcony overlooking St. Peter's Square at the Vatican December 25, 2017. Osservatore Romano/Handout via Reuters ATTENTION EDITORS - THIS IMAGE WAS PROVIDED BY A THIRD PARTY. - RC1E51891660

 [バチカン市 25日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは25日、カトリックの総本山バチカンにあるサンピエトロ大聖堂のバルコニーから、恒例のクリスマスメッセージを読み上げた。サンピエトロ広場には数万人の信者が集まった。

     法王は、エルサレムの首都認定問題で緊張の高まるイスラエルとパレスチナに、平和共存の道を探るよう対話を呼びかけた。

     また、「今日、戦争の嵐が私たちの世界に吹き荒れている」と述べ、戦争や難民化によって傷ついている子供たちの窮状に目を向けるよう促した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    2. 五輪カーリング 日本女子が銅 男女通じて初のメダル
    3. 五輪スケート 鮮やか最高のレース 高木菜マススタート金
    4. 五輪カーリング 悲願成就、人生輝く ママ本橋4人の支柱
    5. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]