メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 欧米ではオークションが盛んだ。ロンドンではサザビーズ社が代表格の一つで、今年は故ウィンストン・チャーチル元首相が自ら描いて女優に贈った花の絵が、63万8750ポンド(約9662万円)で競り落とされた。

 同社ロンドン支店では、春と秋にスポーツに特化した物品のオークションが開催される。競馬のものが出される日もあり、今年は世界のサラブレッドの約95%がその血の流れをくむと言われるエクリプス(1764~89年)の皮の一部が目玉だった。英国では昔、活躍した競走馬が死んだ時にその皮革でソファカバーを作ったり、ひづめを灰皿など記念品に作り替えたりして残す馬主がいたのである。

 約150点あった出品物には、競走馬を描いた200年前の絵画もあれば、100年前のレーシングプログラ…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです