メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/12止 川辺久造 仲間との共感を客席に

インタビューに答える川辺久造=渡部直樹撮影

 <早稲田大学在学中の1953年、舞台演技研究生として入った川辺久造。64年にわたり劇団の歴史を見つめてきた>

 「欲望という名の電車」(テネシー・ウィリアムズ作)の初演を見に行ったら、パンフレットのはじっこに研究生募集ってのが出ていた。民芸とか俳優座もあったけど、文学座が合ってるんじゃないかって早稲田の仲間から言われて、受けました。研究所があったわけではなく、カリキュラムを組んでいろいろ面倒みてくれたのが神山繁さんでした。

 <「なよたけ」で知られる加藤道夫の講義も受けた>

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1283文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]