メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「次の次」に「次」は来ない=与良正男

 第2次安倍晋三内閣が発足して5年が過ぎた。本欄で書き続けてきたようにその政治手法をはじめ、私の評価は厳しいが、安倍首相が自民党総裁に返り咲いた5年前の秋を振り返ると、改めて考えることがある。

 あの頃、多くの国民にとって安倍首相といえば「体調が悪化して首相を辞めた人」だったはずだ。森喜朗元首相ら先輩議員も「復帰は早すぎる」と自重を求めていたものだ。

 地方の自民党員の間では石破茂氏を待望する声が大きかったし、ベテラン国会議員の間では石原伸晃氏を推す…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文898文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]