メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「次の次」に「次」は来ない=与良正男

 第2次安倍晋三内閣が発足して5年が過ぎた。本欄で書き続けてきたようにその政治手法をはじめ、私の評価は厳しいが、安倍首相が自民党総裁に返り咲いた5年前の秋を振り返ると、改めて考えることがある。

     あの頃、多くの国民にとって安倍首相といえば「体調が悪化して首相を辞めた人」だったはずだ。森喜朗元首相ら先輩議員も「復帰は早すぎる」と自重を求めていたものだ。

     地方の自民党員の間では石破茂氏を待望する声が大きかったし、ベテラン国会議員の間では石原伸晃氏を推す人が多かった。

     ところが石破氏は国会議員にはなぜか嫌われ、石原氏は総裁選中の失言がたたってずっこけた。そこで漁夫の利を得て、安倍首相が総裁になったのが実態だ。

     小泉純一郎氏の後を継いで第1次政権を担った時も「若すぎる」「経験がない」と言われた。逆に言えば安倍首相は批判はあってもチャンスを逃さなかったということだ。

     父の安倍晋太郎氏は「首相になるのはライバル・竹下登氏の次でいいよ」と言い出しかねない権力欲の少ない人だった。だから私は好きだったが、結局首相の座には就けなかった。安倍首相は、そんな父親を反面教師にしてきたように思う。

     ある経済人は「安倍さんは今、自分が首相でなかったら日本は大変なことになっていたと思っている」と言う。確かにそう信じていなければ今秋、「森友」「加計」の疑惑隠しと批判されるのを承知で衆院の解散はしなかったろう。それが強さであり、危うさ、怖さでもある。

     その衆院選。惨敗した希望の党の小池百合子東京都知事は「その次」の選挙で首相を狙おうとしたのだろう。ところが、いきなり政権交代を目指す構えを見せて無理をした。

     「次の次」を狙うから、今は自民党の議席を少しでも減らそうと正直に訴えた方がまだよかったと思う。ただし歴史を振り返れば、「次の次」という人になかなか「次」はやって来ないのが政界である。

     来秋は安倍首相が3選を目指す自民党総裁選がある。「ポスト安倍」を狙う石破氏や岸田文雄氏らが「安倍3選の次でいい」と弱腰でいる限り次は訪れないのではないか。そんな気がしている。(専門編集委員)=次回は1月10日に掲載します

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです