メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

司会連続9回、山川静夫さんの辛口「紅白」評 聴きたい「歌の真剣勝負」

=小出洋平撮影

 安室奈美恵さん、桑田佳祐さんの特別出演が決まった「紅白歌合戦」だが、近年、ワクワク感が薄れてきた気がする。なぜだろう。1974年から白組司会を連続9回務めた元NHKアナウンサー、山川静夫さん(84)の「辛口批評」が聞きたくなった。【鈴木美穂】

 --最近の紅白、見て面白いと思います?

 山川さん まず僕の経験からお話しさせてもらいますね。僕が初めて白組の司会をした74年は、家族が一つのコタツで同じテレビを見る「だんらん」の時代でした。音楽界は「黄金期」を迎え、歌謡曲や演歌、フォークがあり、グループサウンズやロックが出てきた。80年代に入ると、世相も音楽環境も変わっていきます。レコードはCDになり、音楽をイヤホンで楽しむ「個」の時代になってきました。

 僕は、何より「紅白歌合戦」という言葉の意味にこだわってきました。紅白は、男と女。年の暮れ、時におふ…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2630文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]