メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

司会連続9回、山川静夫さんの辛口「紅白」評 聴きたい「歌の真剣勝負」

=小出洋平撮影

 安室奈美恵さん、桑田佳祐さんの特別出演が決まった「紅白歌合戦」だが、近年、ワクワク感が薄れてきた気がする。なぜだろう。1974年から白組司会を連続9回務めた元NHKアナウンサー、山川静夫さん(84)の「辛口批評」が聞きたくなった。【鈴木美穂】

 --最近の紅白、見て面白いと思います?

 山川さん まず僕の経験からお話しさせてもらいますね。僕が初めて白組の司会をした74年は、家族が一つのコタツで同じテレビを見る「だんらん」の時代でした。音楽界は「黄金期」を迎え、歌謡曲や演歌、フォークがあり、グループサウンズやロックが出てきた。80年代に入ると、世相も音楽環境も変わっていきます。レコードはCDになり、音楽をイヤホンで楽しむ「個」の時代になってきました。

 僕は、何より「紅白歌合戦」という言葉の意味にこだわってきました。紅白は、男と女。年の暮れ、時におふ…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
  4. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです