メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

人から人へ、古書の奇縁=戸田栄

 思わぬところで、尊敬するK先生に出くわした。先生は、大阪市内の古本屋の書棚の中にいた。生前、何度も話を聞きに行ったが、あの大阪弁のダミ声で「よう来たなあ。こんなとこにおってびっくりしたやろ」とでも言って、大笑いしているかのようだった。

 作り話ではなく、その本のタイトルは「もののけ」。法政大学出版局発行の「ものと人間の文化史シリーズ」の一冊だ。なんの気なしに書棚から手に取って開くと、傍線は引きたくっているし、あちこちに書き込みがある。なんやこれと思ったのだが、傍線部を目で追うとなるほどと思い、「コスモス」「異化作用」など、そこへつなげて考えると面白いアイデアが書いてある。もしやと思った。

 数年前に先生は亡くなり、学恩に報いたいと考えた弟分的な大学教授は、蔵書はまとめて博物館に寄付しよう…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文890文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  3. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです