メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

人から人へ、古書の奇縁=戸田栄

 思わぬところで、尊敬するK先生に出くわした。先生は、大阪市内の古本屋の書棚の中にいた。生前、何度も話を聞きに行ったが、あの大阪弁のダミ声で「よう来たなあ。こんなとこにおってびっくりしたやろ」とでも言って、大笑いしているかのようだった。

 作り話ではなく、その本のタイトルは「もののけ」。法政大学出版局発行の「ものと人間の文化史シリーズ」の一冊だ。なんの気なしに書棚から手に取って開くと、傍線は引きたくっているし、あちこちに書き込みがある。なんやこれと思ったのだが、傍線部を目で追うとなるほどと思い、「コスモス」「異化作用」など、そこへつなげて考えると面白いアイデアが書いてある。もしやと思った。

 数年前に先生は亡くなり、学恩に報いたいと考えた弟分的な大学教授は、蔵書はまとめて博物館に寄付しよう…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文890文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]