メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/20止 脱自前、脱エリートへ

多言語での道案内を目指すロボット「エミュー」=埼玉県内で10月、竹地広憲撮影

 「鉄道を使う人も働き手も減る時代にどう対応するか」「自動運転車のライドシェア(相乗り)サービス普及で、鉄道の存在意義が薄れるのでは」。JR東日本は、若手社員らを中心にIT(情報技術)活用や異業種との連携で生き残りを探る取り組みを始めている。

 「446円(3点)。Suica(スイカ)をタッチして下さい」。11月下旬、大宮駅(さいたま市)で行われた駅ナカのコンビニなどの無人化を目指す実証実験。客が棚から、おにぎりやお菓子を取り出し、画面の前に立つと、人工知能(AI)搭載カメラが顔と購入商品を認識し、支払額が瞬時に表示された。支払いはJR東のICカード乗車券スイカを画面下の端末にかざすだけ。JR東の事業創造本部の阿久津智紀(35)は「よしっ。うまくいった」とほほ笑み、この無人決済システムを開発したベンチャー「サインポスト」社員と目を合わせた。

 「何でも自前主義」だったJR東が今春、斬新な事業を外部から公募する「オープンイノベーション」を初め…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1159文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]