メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

談合、なぜダメなの? 「消費者の損」に 刑事罰の適用も=回答・渡辺暢

 なるほドリ リニア中央新幹線の建設工事でゼネコン業界が談合(だんごう)していた疑いがあるので、東京地検特捜部(とくそうぶ)と公正取引委員会が捜査しているという記事を読んだよ。でも、談合は何がいけないの?

 記者 公共工事などの入札(にゅうさつ)で、あらかじめ話し合って落札(らくさつ)業者を決めておけば、割高(わりだか)な価格で契約することができます。談合で価格やサービス内容の競争がなくなれば、税金のムダ遣(づか)いにつながり、納税(のうぜい)者や消費者の損(そん)になります。リニア工事は主にJR東海が発注していますが、民間事業であっても、特定の市場(しじょう)で競争を制限(せいげん)することは一種の談合にあたり、独占禁止法(どくせんきんしほう)は「不当な取引制限」として禁じています。

 Q 談合は密室(みっしつ)でやるのだろうから、摘発(てきはつ)は難しいのでは?

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1044文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]